ページの先頭へ

KGCOOP
facebook twitter

入学後について

新入生サポート

教科書の買い方

教科書を購入する

必要な教科書は自分で買うのが大学生です。

大学では自分で時間割を組んで、興味のある分野を勉強します。
まずは入学後のガイダンスに参加し、大学HPに公開されているシラバス(授業実施要項)を見ながらじっくり履修授業を決めてください。

教科書代は学部によって異なりますが、通常は一年次春学期に最も費用がかかり、2〜3万円です。生協では春学期・通年の授業の教科書を4月初旬、秋学期の授業の教科書を9月下旬から販売しています。

教科書は必ず販売期間内に購入しましょう。販売期間終了後は、出版社に返品します。

また、4月の開講に間に合わせるため、教科書の発注は、入学者数や履修者数がまだ確定していない2月に行っています。そのため前年度を大幅に上回った場合、一時品切となる場合がございますのでご了承ください。せっかく購入に来たのに品切で 授業に間に合わなかった、ということにならないためにも、早めの購入をオススメします。

購入にはICプリペイドカードのほか、現金、図書カード、クレジットカード(VISA・Master・JCB)がご利用いただけます。

教科書は10%OFF

関学生協の書籍販売は10%OFF

※文庫・新書・雑誌は5%OFF(特殊教材など一部対象外あり)

生協で購入するのがお得で安心!!

教科書購入の際のアドバイス!!

授業開始後の1週間は各キャンパスとも教科書販売会場は大変に混み合います。特に、チャペルアワー(10:30~11:10)と昼休み(12:40~13:30)はできるだけ避け、授業の空き時間等をうまく利用して購入しましょう。
また、必修科目など履修が決まっている教科書は早めに購入しましょう。

教科書購入にはICプリペイド(生協電子マネー)が便利で安心でお得!

関学生協の組合員証にはIC プリペイド(生協電子マネー)とポイント機能が搭載されています。学生は食費や教科書・参考書代金を削りがち、事前チャージしておけばキャッシュレス、使い道も明らかで「安心」です。教科書代金は1 年に2〜3万円かかります。不足のない様に、事前にICプリペイド(生協電子マネー)にチャージされることをオススメします。ご利用の際はポイントもついてお得です。また、おつりのやりとりもなく、お支払いもスピーディ。混雑緩和のためにもICプリペイド(生協電子マネー)のご利用にご協力ください。

事前チャージ

ICプリペイド(電子マネー)の使用方法

ICプリペイドが使えるレジと使えないレジに分かれています。レジでのお支払い前にレジ担当者に「電子マネーで」と事前にお申し出ください。

ICプリペイド(電子マネー)の使用方法

おつりのやり取りもなくスピーディーです。

教科書代金は、1年に2〜3万円かかります。不足のないよう事前にICプリペイド(電子マネー)にチャージされることをオススメします。

「生協マイページ」に登録すれば商品名や金額、残高や入金などの利用履歴として閲覧・ 印刷・ダウンロードができます。

教科書販売会場・期間案内