学生総合共済とは?

学生総合共済にご加入ください!

大学生になると行動範囲が広がり楽しい日々が過ごせます。でも同時にケガや病気に見舞われる機会が増えるのも事実。
健康に、でももしもの時はお金の心配なく大学生活を送ってもらえるように学生総合共済がサポートしています。
 
 

学生どうしのたすけあい

全国209の大学生協の65万人以上の学生が加入しています。2014年度に給付を受けた関学生は延べ1,423人にもなります。
皆様からお預りした掛金は「医療費の補填」ではなく「困っている仲間へのお見舞い(共済金)として給付する」のが考え方です。
 
 

少ない掛金で保障が充実

大学生の生活において、どんな保障が優先されるべきかを考えて作られています。
ギプスなどの固定具使用期間も2日を1日と換算し保障対象としているのもそのひとつです。
また、勉学を続けていけることを願い、後遺障害の保障や父母・扶養者死亡時の保障に重きを置いています。
 
 

学生生活24時間をサポート

生命共済は日常生活24時間を対象としています。
授業中や課外活動中だけではなく、アルバイト中、旅行中、また、一般的に危険なスポーツとされている山岳登山・ハンググライダーなども制約されません。
また、海外での事故・病気も対象になります。
 
 

身近な共済・身近な窓口

給付申請や住所変更なども、西宮上ケ原キャンパス・神戸三田キャンパスの生協の窓口で行えますので、授業の合間などに手続きしていただくことが出来ます。
時間が取れない場合や入院中で来られない場合は、お電話でも承ります。
また、聖和キャンパスの方は、上ケ原キャンパスでお電話で承ります。
 
 

ひとり暮らしも安心

火災共済は、火災・水ぬれ・風水害などでの家財の損害や、過失で火災や水もれを起こし大家さんから損害賠償を求められた場合などを保障。
さらに借用個室内での家財の盗難保障もあります。盗難保障は加入者皆さんの声を受けて2003年度から始まった新しい制度です。
2015年度からは自転車盗難保障(敷地内のみ)も新設されました。
 
 

健康・安全への提案

  • 毎年10月に行われる生協祭での食生活相談や健康測定(体脂肪・骨密度など)の実施。
  • スポーツ施設との提携で割引利用可。
  • 心の悩みや健康についての相談にお答えする「学生生活無料健康相談テレホン」の設置
  • ポスターや冊子での啓発
 
 
 

大学生協の勉学援助制度

※共済の保険ではありません
学生組合員が扶養者を亡くし、経済的に学業を続けることが困難になっている学生を援助したいという気持ちからはじまった「大学生協の勉学援助金制度」。
この支援制度は、大学生協が提案しご加入いただく学生総合共済及び保険ではカバーされない部分をきめ細かく補う、奨学・見舞制度ともいえます。
詳しくはhttp://kyosai.univcoop.or.jp/guidance/aid.htmlをご覧ください。
 
関学生協総務部…TEL:0798-53-7001
学生会館新館 地下1階 (平日 10:00〜17:00/土 10:00〜14:00)
店舗マップはこちらをご覧下さい。
大学生協共済連の学生総合共済ページはこちら
 


学生総合共済へ戻る