ニュース

2017年01月21日(土) | ニュース|住宅取得支援プログラム

My HOME Square
高騰する不動産価格!今は本当に買い時なのか?(第2回)
-住宅事業部 第4別館1F-

「マンション価格の騰落だけでは、購入の損得を計り得ない。」というのが第1回目の結論でした。低金利を利用して、マイホームを購入を検討してい見ようという方は、以下のことにも気を付けておきましょう。

1)ローン開始時の金利変動リスクを回避
分譲マンションの販売は、その建物が所在する市町村が建築確認をした後から開始されます。つまり、建物を建築する前から販売が始まります。一方、住宅ローンは建物完成後に開始されます。というのは、建物完成前では担保となる住宅に抵当権設定ができないからです。そして、住宅ローンの金利は、ローン開始時に決まります。従って、分譲マンション販売開始時には借入金利が決まりません。
つまり、金利は何%になるか分からないけれども、購入の契約を先にしてしまわなければならないということになります。

この金利を先に決められないというリスクを回避する方法として、既に竣工している物件を購入するという方法があります。1・2年先に引渡しになる物件でなく、1・2ヶ月先に引渡してもらえる竣工済物件を購入すれば、金利変動リスクを回避することができます。また、実際に対象のお部屋を見て購入できるのも納得のマイホーム購入となります。

竣工済物件の1Fテラス。陽当たりの良さを確認できます。
(野村不動産「プラネスーペリア西宮仁川」)


2)良い物件を選ぶ方法
不動産購入において「我が家にとって良い物件」はそれぞれのご家庭によって定義が異なります。ご家族の中でも、お父さんの考えていること、お母さんのこだわり、子供さんの意見が異なっているケースが大半です。つまり、同じ家族でも違うベクトルを持っているということです。

この異なるベクトルを一定方向に揃えるためには、多くの建物を一緒に見て回るプロセスが必要となります。竣工済物件を見て、自分のイメージと同じか違うのか?同じ棟内でも部屋によって広さや使い勝手、リビング窓側の障害物の有無、陽当たりが違います。また建物によって、住戸の天井高が違ったりします。加えて建物だけでなく、駅から距離、スーパー・コンビニまでの距離、医療機関、学校区等々...を体験・実感することにより経験値を高める必要があります。

分譲マンションの住戸プランはその構造上どうしても似通ったものになります。従って、マンション開発業者は、外観イメージ、建物の配置、共用スペースの作り込み、各住戸の設備仕様、住戸内建具の色調などにより、その会社の独自性・ブランドを作り上げようとします。色々な会社の物件を見ることにより、各社の長所・短所が見えてきます。また、マンション開発プロジェクトごとに建築工事予算内で、お金をかけている所とそうでない所など、マンション自体の作り込みが異なる場合もあり、お買い得な物件かどうかの見極めもできるようになります。
良い物件を選ぶには、それなりの場数が必要になってきます。購入対象地域以外の物件でもどんどん見学してみましょう。
収納力にこだわったキッチン
(ダイワハウス工業)

採光・見晴らしを重視したキッチン
(大京)

3)マイホーム購入は資産形成
今津線沿線で3LDKの賃貸マンションを借りた場合、月々15万円程度かかります。新築分譲マンション並みの負担です。賃貸マンションの場合、毎月賃料を支払っても自分の物にはなりませんが、マイホームを購入しローンを完済すれば、自己所有物になります。万一、ローン返済中に病気や事故で亡くなられた場合でも、団体信用生命保険に加入していれば、残債を保険がカバーしてくれます。まさにマイホームを購入することは資産形成に他なりません。

一般的に住宅ローンの期間は20~35年であるケースが多いのですが、定年退職を65歳とした場合、30~45歳の間で購入が望ましいと言えます。ローン完済の年齢とローンの返済期間から購入時期を考えておきましょう。また、頭金を貯蓄する期間も考慮しましょう。20代から堅実な資産形成をスタートさせましょう。

4)マイホーム購入のタイミング
年齢的には、完済から考えて、例えば30~45歳の時期が購入に適した時期となります。購入者負担を計算して、ある程度の予算イメージを作っておきましょう。
また、色々な物件を見学して、場数を踏みましょう。物件を見学するたびに、実際の購入者負担を計算してもらいましょう。
条件が折り合えば、それはもう購入候補物件です。あとは決断するかどうかです。


野村不動産 関学生協組合員向けキャンペーン★★★★★

「プラネスーペリア西宮仁川」モデルルーム4邸について、
家電家具付分譲+100万円サービス


関西学院にお勤めの方限定です。
3月末までに成約かつ引き渡しが条件です。
※建物が竣工済です。お部屋を直接実際に見ることができます。

<お問合せ>
「プラネスーペリア西宮仁川」現地インフォメーションセンター
0120-393-250 ※携帯電話・PHSからも通話可能です。
【営業時間】平日10時~17時30分 土・日・祝10時~18時(水・木曜日定休


  • 外観

  • 共有スペース

  • リビング

  • キッチン

  • ベッドルーム

  • 1Fテラス

  • 玄関シューズイン

  • 街区図

  • 現地インフォメーションセンター
 

HOMEへ戻る前のページへ戻る