ニュース詳細

2018年10月10日(水)

***注目物件のご紹介です***
第2回目は引続き第5世代のワンルームです。
-学生住宅部 上ケ原マイルーム店-

ニュース、新入生サポート、住まい探しサイト

■本日のテーマ「第5世代のワンルーム」(その2)

関学生協では第5世代のワンルーム(住戸面積30㎡、居室10帖)を2002年から開発し始めました。
今津線沿線で建築されていた住戸面積25㎡、居室8帖程度の第4世代のワンルームと比べて、鉄道の駅から距離のある敷地で、住戸面積を拡大することにより競争力を高めた物件です。
従って、家賃価格は第4世代のワンルームと同程度となっています。
また広い住戸面積を生かして、独立洗面化粧台、ファミリータイプのキッチンを投入するほか、脱衣スペースを確保し、第4世代以前の不便な点を改良した規格になっています。
下記のワンルームそのようなコンセプト計画された建物です。

※下記物件名をクリックすれば、物件詳細ページにジャンプします。
 

グリーン・スポット


関学周辺で下宿屋さんを営んでいた農家のおばあちゃんが、下宿を建替えてくれた物件です。下宿の名前が「みどり荘」で、その下宿の最後の住人が名前を付けてくれました。関学生協が企画し、管理しています。
上ケ原山手町にあり、キャンパスに通学しやすい物件です。コンビニもすぐ近くにあり、徒歩圏にスーパーもあります。

 

パティオサチ


前掲のグリーン・スポット内容を見た近所の下宿屋さんが、同スペックのワンルームを隣地に建ててくれました。この物件も関学生協が企画し、管理をしています。不便なく生活ができる仕様になっているため、学生さんから支持されています。大阪が一望でき、夜景がきれいですよ。
 

フレンドリー


この建物は、もともと鉄筋コンクリート造の女子専用下宿でした。2住戸を1住戸にまとめ、住戸面積30㎡としています。先の2物件と異なり、広めのお風呂とカウンターキッチンを導入するなど水回りが強化されています。
先の2物件同様、上ケ原山手町にあり、キャンパスに通学しやすい物件です。コンビニもすぐ近くにあり、徒歩圏にスーパーもあります。

 

ハーキュリーズ甲東


甲東園徒歩8分、全30戸南向きの第5世代のワンルームです。
関学生協の企画・管理の建物ですが、最上階に家主さんが住まわれています。
大学から帰宅途中に、コンビニ、ドラッグストアー、スーパーなどがあり、生活しやすいロケーションです。甲東園ということもあり毎年リクエスト多い物件です。

次回第3回目は女子学生専用マンションについてお知らせします。