menu

Step.1 賃貸面積と居室の関係

賃貸面積と居室の関係を理解しておけば、住まい探しで役に立ちます。一般的なワンルームのパターンを解説しますので、参考にしてください。

1.ワンルームの基本構造

ワンルームはニーズの変化に対応して、時代と共に進化してきました。第1世代をベースに第5世代まであります。
下図は第1世代の標準的なワンルームの平面図です。
3m×6mで1区画18m2の賃貸面積となります。
このタイプを「サブロクタイプ」と言いますが、バス・トイレ・洗面が同じユニット内に収められた3点式ユニットバス、幅90cmのミニキッチン、下駄箱、押入れなどを投入し、残りが概ね6帖となるようにつくられています。

6m四方に柱を配置し、夫々の柱間に梁を渡し、鉄筋コンクリート壁で区画します。ワンルームマンションの場合、この1区画を半分にし、間仕切り壁(軽量鉄骨で壁の骨組みをつくり、両側に石膏ボードを貼り付けた壁)を設けて、2住戸をつくります。コンクリート壁側は遮音性が高いのですが、間仕切り壁側は低くなります。鉄骨造やプレハブ造においては、端部屋でない限り両側の壁が間仕切り壁となります。

平面図

2.ワンルームの進化

このような構造でワンルームは造られているのですが、時代を経るに従い、設備や居室の広さにおける入居者側のニーズを反映するようになりました。
基本的には間口3m×奥行6mの奥行部分を長くすることで賃貸面積を大きくしています。その変遷は概ね次表のようになります。

世代 建設時期 賃貸面積 居室面積 主な設備 賃料の目安
(共益費込)

第1世代

阪神大震災以前 〜95年

18m2以内

6帖程度

バス・トイレ・洗面3点式UB

ミニキッチン

押入

仲介手数料

コインランドリーまたは、洗濯機ベランダ置き

3.5〜4.5万円

第2世代

阪神大震災直後 96〜98年頃まで

21m2以内

6帖程度

バス・トイレセパレート

ミニキッチン

押入またはクローゼット

住戸内洗濯機置き場

5万円台

第3世代

阪神大震災直後 96〜98年頃まで

23m2以内

7帖程度

バス・トイレセパレート

ミニキッチン

クローゼット

住戸内洗濯機置き場

5万円台

第4世代

99年頃〜

25m2以内

8帖程度

バス・トイレセパレート

ミニキッチンまたはファミリー用キッチン

クローゼット

住戸内洗濯機置き場

独立洗面化粧台

6万円以上

第5世代

99年頃〜

30m2以内

10帖程度

バス・トイレセパレート

ミニキッチンまたはファミリー用キッチン

クローゼット

住戸内洗濯機置き場

独立洗面化粧台

6万円以上

error

住まい探しの4つのSTEP